日本人に一番馴染んだ味覚

食べる人

美味しさの理由と栄養価

浜松と聞いて連想するのはうなぎ、と言うほど、浜松とうなぎは深い関係にあります。日本で初めてのうなぎ養殖が始まったのが明治期の浜松であり、その時以来の100年以上の歴史の中で日本人の味覚とこころにその美味しさが染み込んだ結果であるからです。浜松でうなぎの養殖が盛んになったのは次のような理由によるものです。養殖に使われているミネラル豊富な地下水に恵まれていたこと。シラスウナギと呼ばれる稚魚が浜名湖で採れること。紡績業が盛んな土地が近く、エサとなる養蚕サナギの供給を十分受けられたこと。浜名湖周辺の気候が温暖で要職に適していた、といった点です。うなぎには優れた栄養価があります。目の健康に良いビタミンA、糖質をエネルギーに変え、ダイエット効果が期待できるビタミンB1、人の成長には欠かせないビタミンB2、老化を予防するビタミンEなど、食品群の中ではトップクラスの含有量を誇ります。うなぎは夏場が旬のイメージがありますが、実は冬眠を前に栄養をたっぷり蓄えた秋が一番おいしいとも言われています。あっさり好みか、こってり好みかなどの味覚で分かれるところですが、いつ食べても美味しいのが浜松のうなぎだとも言えそうです。浜松市内には100軒以上のうなぎ専門店があると言われています。東京と大阪の中間という浜松の立地条件から、背開きして白焼きした後、蒸して焼いた関東風の蒲焼き、腹開きして蒸さずに焼いた関西風の蒲焼きの両方の味が楽しめる土地柄です。保存技術やネット通販が整った今では、通販などでも現地と変わらぬ美味しい本場の蒲焼きが楽しめたりします。食品ですので安全性にも気を配っています。消費者が安心して食べられるよう、インターネットで飼育履歴を確認できるサービスもあります。

Copyright© 2017 【手軽二楽しめるグルメ】六甲道イタリアンの魅力を調査 All Rights Reserved.