土用の丑の日

店内

養殖を始めた場所

日本人はうなぎ料理が大好きで、特に夏場の土用の丑の日には全国各地でうなぎの需要がピークを迎えます。浜松は日本で初めてうなぎの養殖を始めて以来、発祥の地として栄えるようになりました。毎年多くの観光客が浜松を訪れてうなぎの食事を楽しんでいます。以前は浜名湖や天竜川河口の天然ものがありましたが、現在は養殖物が一般的になっています。浜松でのうなぎの養殖は浜名湖で行われているわけではなく、湖周辺に点在している養鰻池で行われています。この地域の地下水が養殖をするのに最適なことも、産地として不動の地位を継続している理由です。また、話は少し変わりますが、最近はウナギの稚魚であるシラスの不足が問題になっています。浜名湖や天竜川河口のシラスも以前に比べると大きく減少しているのが現状です。シラスは人工での養殖が難しく、現在上手く育てられないこともあるようです。最近は海外からシラスを輸入して対応するケースも少なくありません。浜松にはうなぎをメインにして提供する食事処が多くあり、お互いが切磋琢磨し合っています。地域全体で集客に努めているとも言えるでしょう。そうしたことも人気を保っている理由の一つです。養殖の技術面でも水質を維持する技術や成長を促すえさを開発したり、常に研究が続けられています。全国にうなぎのネームバリューを伝達するために関連した商品の開発も予断なく行われています。浜松産のうなぎパイはこうした中から生まれてきた商品で、うなぎの形をしているだけなのですが、現在では浜松を代表する商品に育っています。

Copyright© 2017 【手軽二楽しめるグルメ】六甲道イタリアンの魅力を調査 All Rights Reserved.